即日融資の銀行系カードローンは総量規制の対象外なの?

即日融資の銀行系カードローンは総量規制の対象外ですか?

プロミス

 

最短1時間融資

 

【安心度】☆☆☆☆☆
プロミスは、メガバンクである三井住友銀行グループに属しているので、サービスレベルが高く、信頼度も高いキャッシング会社です。幅広い年齢層の方から支持されています。女性専用のレディースキャッシングがあるので、女性からも人気があります。

 

【利便性度】☆☆☆☆☆
平日14時までにWeb契約を結べば、来店不要で即日振込融資をしてくれます。14時を過ぎてしまっても、契約が済んでいれば自動契約機でカードを発行することで、その場でキャッシング利用が可能です。また、三井住友銀行か、ジャパンネット銀行の口座があれば、24時間振込融資をすることも可能です。WEB完結申込みを利用すればカードレスでお金を借りれるのも嬉しいですね。

 

【条件の良さ】☆☆☆☆☆
消費者金融トップレベルの低金利です。金利が低いというのがプロミスの最大の武器でしょう。また、30日間無利息サービスを受けることができます。

 

>>プロミスの詳細はこちら

 

SMBCモビット

 

竹中さん 即日バナー 200x200

 

【安心度】☆☆☆☆☆
SMBCモビットも、プロミスと同じく三井住友銀行グループのキャッシング会社です。CMの効果もあって知名度がバツグンで、若い人を中心に人気が急上昇しています。

 

【利便性度】☆☆☆☆☆
SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば、電話連絡や郵送物が一切ありません。家族や周囲の人にバレずにお金を借りたいという人には、とても魅力的なサービスです。SMBCモビットは、来店不要で契約ができるので、非常に便利です。また、即日融資も可能で、ネット申込みの後コールセンターにフリーダイヤルで電話すれば、更に急いで即日融資に尽力してくれます。※ 即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。

 

【条件の良さ】☆☆☆☆☆
即日融資可能なので、利用開始までがとてもスピーディーです。少しでも早くお金が欲しい人にとって、有り難いサービスですよね。金利も細かく設定があるので、低金利になる可能性があります。

 

>>SMBCモビットの詳細はこちら

 

 

 

銀行系カードローンは銀行カードローンと比較すると、審査が厳しくないということもあり、銀行カードローンの審査を通過する自信がない人も借入ができる可能性があるカードローンです。

 

銀行系カードローンがどのような金融商品なのでしょうか。

 

銀行系カードローンは、主に銀行と同じグループに属している消費者金融がサービスを提供しているカードローンです。

 

銀行系カードローンは、信用の高い銀行と同グループの消費者金融の金融商品であり、安全・安心して利用ができるということだけでなく、即日融資にも対応してくれるため、すぐにお金を借りたいという人にもおすすめですよ。

 

代表的な銀行系カードローンとしては、大手消費者金融のプロミス、SMBCモビットなどのカードローンが挙げられます。

 

プロミスの銀行系カードローンは、即日融資に対応しているだけでなく、初めての申込みの方限定で、30日間の無利息キャッシングサービス利用も可能なので、お得に素早くお金を貸して欲しいという人にも便利ですよね。

 

そんな優れたプロミスの銀行系カードローンですが、総量規制についてはどうなっているのでしょうか。

 

総量規制の対象なのでしょうか。

 

それとも、総量規制の対象外なのでしょうか。

 

結論から言ってしまうと、プロミスやSMBCモビットの銀行系カードローンは総量規制の対象となります。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、銀行系カードローンは銀行のサービスではなく、銀行と同じグループに属する消費者金融の金融商品ですので総量規制の対象となります。

 

銀行系カードローンのお借入を検討している方は気をつけてくださいね。

 

ちなみに、総量規制とはなんなのでしょうか。

 

総量規制というのは、貸金業法上の決まりで、銀行以外の金融機関からの借入を個人の年収の3分の1までに制限するものです。

 

具体的に例を挙げて説明すると、年収300万円の人が銀行系カードローンで借入できる限度額は100万円までとなります。

 

総量規制は、借り手である顧客がお金を借りすぎないように保護するための決まりです。

 

しかしながら、一般的に銀行系カードローンを利用してお金を借りたいという人は、一時的に不足しているお金を補いたいという人が多いので、借入したい金額も1万円、3万円、5万円、10万円という比較的少額の借入目的の人が多いです。

 

したがって、銀行系カードローンが総量規制の対象だとしても、銀行系カードローンの利用の際はそれほど困らないのではないでしょうか。

 

ちなみに、銀行系カードローンのサービスを提供するプロミスなどの消費者金融でも、総量規制の対象外となる金融商品があります。

 

それは、おまとめローンです。

 

おまとめローンのように、借換えを行うことで、顧客の月々の返済額が減る、総返済額が減るなど、借り手にとって有利になる金融商品に限り、総量規制の対象外となります。

 

それぞれの金融商品を総量規制のことを考慮に入れながら、自分の必要に応じて使い分けてみてくださいね。

 

今すぐお金を借りる【即日キャッシングするならココ!】トップページに戻る